最新風俗情報

6月 10th 2015 · Read More ·

近年の人気風俗情報は知りたいなら、今はビンビンウェブで検索すれば一発分かる時代になって、上野の風俗店一覧|風俗・デリヘル情報東京版!ビンビンウェブとか、東京の風俗情報、デリヘル情報は全部ビンビンウェブで一目瞭然だけど、風俗のことをあんまり知らない人も結構いるし、そうしたら後悔しない風俗店選びはまずビンビンウェブを使って検索みた方がいいと思います。

風俗店といえば女の子とイチャイチャしたり、女の子の裸を見て興奮して、セックスしたり射精をしたい人が集まるところで、その風俗の店のスタイルによっては、セックスまでできるお店もあれば、おさわりや女の子が服を脱ぐ事すら禁止のお店もあります。

ビンビンウェブ

それでもお客は価格との費用対効果で、安いから射精できればいっか…とか、おさわりは出来ないけど、女の子に触られるだけで興奮する!など、人それぞれのフェチや懐具合で、利用する風俗のタイプも変わってくると思い。


変態プレイ好きだけど、店に行くのが抵抗のある人は、ビンビンウェブです。女の子を家やホテルに呼んでやるってのは結構ありです。
特に、ビンビンウェブには様々のタイプの女の子もいるし、色々のオプションも選ぶことができるし、コアプレイヤーも関わらず、初心者にも使いやすいと思うので、ビンビンウェブを試さないと損します。

もちろん、風俗には全く興味が持てないという人もいれば、彼女やセフレなど、セックスをする相手がいながらも、自分の望むプレイができなかったり、相手の容姿がタイプじゃないなどさまざまな理由から、風俗に行く人も多く、そこはストレス発散の場だったり、非日常を求める人からすれば、風俗そのものが非日常なので、浮気とかタイプとかそういうことではないのかもしれません。

知らない店に行くのがちょっと怖い人はビンビンウェブのデリヘルを使って!!!基本的に、ビンビンウェブなら、どんな客の要望も応じるサービスがあるので、先ずビンビンウェブのサイトにいってみればきっと安心して、やるができると思うんです。

もちろん、そういうパァーッと飲みに行ってストレス発散とか、クラブで爆音につつまれて騒ぎたいというような、はじけたくて風俗に行くという人ではなく、自分の望むシチュエーションを求めて風俗を利用する人も増えていて、そのプレイ内容は、オナニーを見られたいという人向けのオナクラや、セックスよりも手でされたいという人向けの手コキ風俗など、多岐にわたります。

そんな多種多様な変態願望を叶えてくれるオールマイティなお店が鶯谷にあります!!そのプレイ内容は、女性のオシッコに興味があるとか、女装して変態プレイがしたいとか、幼児プレイがしたいとか、女性と殴り合いたいとかありとあらゆるフェチに対応しています。

聖水・放尿劇場というコースでは、お漏らしシート・お漏らしびちょびちょパンティー!お持ち帰り容器付きというサービスの良さ~(笑)

そして女装レズプレイコースでは、女性によるメイク、衣装、カツラで女性に変身し、興奮を覚えるという人向けの未体験ゾーン!

しかし空手有段者の女性や格闘技をやっている女性とガチンコ格闘技をするという、もはやこれを風俗と呼んでいいのかがよくわかりませんが、そんなプレイにお金を出して、それで興奮を覚えるというのですから、このプレイのゴールがどこに向かっているのか、この道の変態じゃなければわからない世界だと思いますが、そういう他では味わえないプレイが味わえるのは、この鶯谷の風俗店だけなので、ぜひ気になる人はチャレンジしてみて下さい。それからビンビンウェブも忘れんなよ!(笑)



初デートの掟

3月 4th 2015 · Read More ·

初めてのデートで、良い印象があれば次に進めるし、逆に最初のデートで良い印象を与える事が出来なければ次は無いかもしれない・・・

本人に悪気は無くても、女性からしたらもうこんな人とはデートしたくないと思われるような、そんな印象を与えてしまったらもう次は無いので、自分が普段からやらかしていないか知る必要があります。

大阪

ダントツに評判が悪いのは「マナーの悪い男」。
例えば、会話中にスマホをいじっている男や、電車や街中でのマナーが悪い男とは、もう二度とデートしたくないってなる気持ちはわかります!

やはりデート中にあまり頻繁にスマホをイジっているという事は、つまらないと思われたり、マナーが悪い人と思われるだけなので、デート中な携帯電話を極力いない方がいいと思うし、見たい場合は、一言言った方がいいかもしれないですねー

例えば「会社からメール来てるかちょっと見ていい?」とか・・・

無言でスマホチェックしたり、メールチェックしてたら、早く帰りたいとか、つまらないオーラ出していると思われそうですよね?

あとは飲食店に行った時などに店員への態度が横柄だったり、食べ方が汚なかった場合も幻滅されますよね・・・
もちろん飲食代は割り勘でもいいとは思うんだけど、それでもう一緒にデートしたくないと思う女子は多いと思うので、そこだけご注意ください!(笑)

そしてデートで話す会話の話題も問題になります。
ほとんどしゃべらないとか、他の女性の話ばっかりするとか、自慢話しかしないとなると、よっぽど向こうが見た目などでタイプだった場合を除いて、もう誘われる事はないかもしれないです!!

そして初デートで酔っぱらってセクハラしたり、自宅やホテルに誘ったりした場合ももう次は無いかもしれません!

昔デートしたある女の子は、1回きりで連絡がなかった。その子は、高収入アルバイト・風俗求人情報 Bwork ビーワーク 関西のアルバイトをして、大阪の風俗のお店で働いてることはまったく知らなかった。偶然に大阪に遊びに行ったとき、たまたまに行った風俗で彼女に会って、すごーくびっくりしました。まぁ~でも、デートはいまいちだったけど、彼女のサービスはよかった!今でも、その大阪の風俗にもう一度彼女に会いに行きたいです~(笑)



牛vsコメディアン

2月 2nd 2015 · Read More ·

牛に言葉は通じないと思うんだけど、牛にお笑いは通用するのか?という事で、真剣にこのテーマにチャレンジしたコメディアンがいるというニュースを見つけたので、ご報告しますー(笑)

このチャレンジに果敢に挑戦した人物は、イギリスBBCラジオのミルトン・ジョーンズさん。

彼は牛達に笑いのセンスがあるのかどうか確かめる為に、牧場でたった一度きりの「牛の為のコメディショー」を開催しました!!

img_4187.jpg


集まった牛はホルスタイン種の牛達、牛を前にしたミルトンさんはさっそく今回の為に用意してきた必殺のギャグを披露。

「君たち牛はベジタリアンなんだってね?
 でも、その割には君たちが革製品を着てるってのはどういうことだい?」

「この間ファーマーズ・マーケットに行ってね。うん、2・3人農民を買ってきたよ。
 きっと美味しいと思うよ!」

こんなギャグを連発した!!!!!

コメディアンは観客の為に演じるものだから、観客である牛たちに向けて、新しいギャグを書き下ろしたよ!とミルトンさんは言っています。

家畜専門家の方は牛の感受性についてこう発言しています。
「最近の研究によると、牛が笑うと思っているイギリス人はわずか11%しかいません。
 彼らにユーモアのセンスがあると思っている人達も40%に留まります。
 けれども、ミルトンのコメディは、明らかに何らかの牛たちの反応を引き出しているように見えます!」

「大半の牛はステージの前に群がって、良い位置を取り合っていましたよ。
 リラックスして満足していた証拠に、彼らは口を開け、耳を動かしていました。
 まあでも、全員が楽しんでいたわけではなさそうです。
 「モー」というヤジ(!?)も飛んでいましたしね」だそうですー(笑)

今回のイベントはイギリスの会社ベルUKによって企画されたものらしく、以前は牛にオペラを聞かせて美味しい乳を出させようという取り組みもしたそうです。

家畜にクラシックを聴かせるとかいう話は日本でも聞いた事ありますけどねー



意外な東京

10月 14th 2014 · Read More ·

東京と言うとコンクリートジャングルと言うイメージかもしれませんが、結構自然が広がっていたりします。

有名どころは、新宿御苑でしょう。

genza.jpg

それ以外にも、駒込には「六義園」があり、日暮里には「谷中霊園」が広がり、上野には「上野公園」、代々木原宿には「代々木公園と明治神宮」が、そして、東京のど真ん中東京駅には、「皇居」が豊な自然を残しています。

これ以外にも「日比谷公園」や「国立科学博物館付属自然教育園」など結構広大に自然が残っています。

この様な公園などは、寺社仏閣や元大名又は幕臣の屋敷跡だったりする事が多く、当時の大名や幕臣の屋敷の大きさをまざまざと思い知らされます。

もう一つ、大都会と人情と言うのは、相いれない存在と思われがちですが、下町情緒が残る町も多く存在しています。

上野近辺のアメヤ横丁などが想像されますが、それよりも、新宿のションペン横丁(今は、思い出横丁に改名)、有楽町、新橋のガード下、日暮里から駒込当りの商店街、巣鴨の地蔵通りなど有名無名ありますが、人情にあつい地域は存在します。

東京と言う町の成り立ちにも影響があると思いますが、入ってくる人が多く、昔ながらに暮らしている人達の存在がどうしても薄くなりがちなのだと思います。

1ポンドステーキ

10月 6th 2014 · Read More ·

いつも行くステーキさんが五反田にある。

五反田で有名なハンバーグ屋さんとしては、「ミート矢澤」さんが有名だが、私は、ステーキを食べに行くのです。

いつも行く店は、「ステーキハウス リベラ」さん。

suteki.jpg

多分、ご存じの方も多いと思いますが、桜田通り沿いにあるこのお店、兎に角、肉を食わせる気がバンバン伝わってきます。

メニューもシンプルに「1ポンドステーキ」「1/2ポンドステーキ」「ヒレステーキ」がメインで、「横綱ステーキ」とかもありますが、肉、肉、肉感が堪りません。

お店の中は、武骨なカウンターに、所せましと飾られた格闘家との写真は、みなさん、リベラさんで食べていった方々です。

1ポンドのステーキですが、大体450gくらいですから男性であれば行けちゃうんじゃないでしょうか?

勿論、1ポンドステーキに食らいつき、ガッツリやっつけてやります。

こんなお店ですが、味は本当においしいです。

お値段がちょっとするので、毎日は厳しいですが、月に1回くらい飲んだと思えば安い感じです。

最近は、「いきなりステーキ」なるお店もあり、300gが1500円くらいで食べれるらしいので、まずは、そちらで塩梅を見るのもいいかもしれません。

五反田に行き、ステーキでスタミナ付けて、風俗コースは、男の醍醐味でしょう。